ムスクって一体どんな匂いなの?

異性を誘惑する効果があると言われるムスクの香り。

 

歴史的に異性を誘惑する時に使われてきたという事で、現在でもフェロモン香水などに使われていたりします。

 

異性にモテたい!という方はぜムスクの香りを取り入れてみると良いでしょう。

 

 

 

そんなムスクの香りですが、ムスクを嗅いだ事が無い方は一体どんな匂いなのか気になりますよね?

 

特にネットなんかで香水を購入する時は、どんな匂いなのかわからないと買いにくいです。

 

そこでこの記事ではムスクの香りは一体どんな匂いなのか?実際によく嗅ぐ香りに例えて紹介してみたいと思います。

 

 

できる限りわかりやすく


 

ムスクって一体どんな匂いなの?身近な香りで例えると・・・

 

ムスクの香りは実は身近な物で例えるのが非常に難しいんです。

 

なぜなら、ムスクの香りというのは香りの「原臭」という物に例えられる香りだからなのです。

 

 

原臭・・・!?


 

原臭とは、色でいう「原色」のような物です。

 

ムスクの匂いは本来例えようとしても、ムスクの香りとしか言い表しようのない特別な匂いだという事も言えるんです。

 

それだけ生物にとって特別な香りだと言う事もできるかもしれません。

 

 

ムスクってなんかすごいんだな。


 

ちなみに原臭は全部で7種類あると言われていて、エーテル、樟脳(しょうのう)、花、ハッカ、刺激臭、腐敗臭、そしてムスクの匂いとだと言われているんです。

 

いろいろと難しい言葉が出てきてしまったかもしれませんが、ここで言いたいのは

 

ムスクの香りは特別な香りで、生物にとって重要な位置づけになっているという事です。

 

 

それで結局ムスクの香りを例えるとどんな匂いなんだい?


 

それでもムスクの香りをあえて例えるとするとよく以下のような表現がされます。

 

  • 石鹸の残り香のような香り
  • 暖かく深みがあるような香り
  • ちょっぴり甘い感じがする
  • 官能的な香り

 

 

一般的にはムスク=石鹸の香りという認識でほとんど間違いはないでしょう。

 

 

正確にいうと、石鹸を少し甘くしたような香りかな


 

ただし香水になっていると、他の香料も混ざっていますので、微妙に表現が変わってきたりもします。

 

しかし、ムスクの香りは石鹸のように清潔感を感じる方が多く、とても万人受けする物です。

 

 

清潔感は大事だもんな。


 

異性にモテたいという方は、ぜひムスクの香りを身にまとって、影ながら誘惑してしまいましょう。