香りが記憶に残る理由

何かふとしたきっかけである香りを嗅いで、昔の情景を思い出すという事はないでしょうか?

 

例えば、街ですれ違った人の香水が昔好きだった女性の香水と同じだったという経験がある方も多いと思います。

 

 

 

香りは人間の五感の中でも最も記憶に関係しているから、このような事が起こると言われています。

 

 

この効果をプルースト効果と呼ぶ


 

 

プルースト効果を効果的に使えば、女性にあなたの印象を強く残す事ができます。

 

他の男性と合っている時も、ふとしたきっかけであなたの事を思い出してしまうかもしれません。

 

あわよくば、連絡を取らなくなった数カ月後に、急に彼女の方から連絡が来るような男性になるような事もできるかもしれません。

 

ぜひプルースト効果を取り入れて、記憶に残るような恋愛上手な男性になりましょう。

 

 

忘れられないイケメンになるんだ。


 

 

プルースト効果についてもっと詳しく

 

まずはプルースト効果について詳しく見ていきたいと思います。

 

プルースト効果は、フランスの作家マルセルプルーストの「失われた時を求めて」のワンシーンが由来となっています。

 

小説の主人公が、マドレーヌを紅茶に浸して、その香りを嗅いだ瞬間に子供の頃の記憶が思い出させるというシーンがありそれが元になっているんです。

 

 

世界中の人がプルースト効果を感じているんだな。


 

人間は嗅覚が反応すると、脳の偏桃体や海馬という記憶や感情を処理する部分が刺激されるそうです。

 

これらが結びついて、香りと記憶が連結されるので、プルースト効果によって、ふと昔の記憶を呼び起こし、センチメンタルな気分になったりする事があるんですね。

 

また、香りは直接本能に作用するともいわれていますので、人間は香りの力に逆らう事が出来ないように作られています。

 

 

香りってすげぇな


 

 

 

 

香水を効果的につかって、記憶に残る男になろう。

 

香りが記憶に残る仕組みについてはなんとなくわかって頂けたと思います。

 

それでは、香りを効果的につかって記憶に残る男性になるテクニックについても見ていきたいと思います。

 

 

女を虜にしたいぜ


 

気になる女性に会うときは特定の香水をつける

 

気になる女性に会うときに常に同じ香水をつけておく事で、より女性の記憶に残りやすくなります。

 

香水といってもつけすぎていては、匂いがきつくなりすぎて、不快な思いをしてしまいます。

 

常に香るような量は明らかにつけすぎなので、悪い意味でのプルースト効果を残しかねません。

 

香水をつけるベストな量は、動いた時にふと香る位の量(1〜2プッシュ)です。

 

適量をつけて、ふとすれ違った時や、抱き着いた時などにふわっと香る程度の量にすれば

 

抱き着いた記憶がプルースト効果によって記憶に残り続けるでしょう。

 

何かのきっかけで同じ香りを嗅いだときに、ふとあなたとベッドにいる所を思い出すかもしれません。

 

毎回毎回違う香りの香水をつけている場合は、やはり記憶に残る可能性も減っていきますので

 

会うたびにお気に入りの香水をつけていくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

昔の香りを思い出した女性とワンチャンある事を願っている